ベトナム フエ 

微睡む町・ベトナムフエ
「微睡む」と書いて「まどろむ」と読みます。 「キッチュでノスタルジー」フエの町はそんな雰囲気に包まれていました。ベトナム中部にあるフエの町。日本で例えると、田舎の地方都市のようなイメージでしょうか。ベトナムはホーチミンとハノイの主要都市が人口の6分の1を占めています。そんな都心部には若者が沢山いますが、フエのような田舎は人口が少なくご老人が多くいます。ホーチミンから飛行機でフエに入った私の目には、この田舎町がとてもノスタルジ 「ロマンチック」そんな気持ちで写真を撮りました。
テトの飾り
「ロマンチック」そんな気持ちで写真を撮りました。フエの町を借りた自転車でぐるぐる回っていると、一つの扉に出会いました。それは旧正月の飾り物を作っているお宅だと思われます。玄関先に山盛り並べてある飾りを見て「わぁ、かわいい!この建物の中で作ってるのかな?」なんて扉の向こうで見知らぬ誰かが作ってるのを想像するとなんだかわくわくしました。
フエのマド
そして、その隣の入り口には「おお!玄関前に洗濯物だ!何人家族なのかな」と、どんどん想いがあふれ出したのです。その時ふっと想ったのです。「あらゆる入り口って内と外を繋ぐもの」なんだなと。他人には外からの景色しか見れないけれど、この扉の中に住む人たちの景色って無限でその人たちだけの景色である、と。それぞれにストーリーがあるのだ、と。現実だけど私にとっては現実じゃない。まさに微睡む中で感じた何かでした。
キッチュな雰囲気のフエ
この町の色はピンクやらブルーやらイエローと色とりどり。 ポップなカラーがとても可愛らしく印象的。
中国風の蔵
畑のなかにポツンとありました。 日本で言う「蔵」でしょうか。 フエには中国風とフランス風の2種類があるように思います。
ベトナム・フエのお家
人の顔のように見えるのはわたしだけ? 大きな目が印象的です。
ベトナムのお墓
ベトナムでは火葬より土葬が多いそう。 ベトナムでは土葬を行った後、数年経ってからお墓を掘り返し遺骨を洗う「洗骨葬」の文化があるようです。
フエの一般家庭
小さい洗濯物が並んでいるお家。 家の周りにはちびっこたちが魚つりをしていました。
日常風景
仏壇?神棚?フエのあちこちでみかけます。
南国の暮らし
1月のフエは少し肌寒く一日中曇り。 すこし霞がかった景色が印象的です。
懐かしさを感じるマド
見た事のない窓なのに懐かしさを感じてしまいます。
フエの日常風景
お昼時。静かでゆっくりとした時間が流れています。
バナナの葉と赤いプラスティック椅子
ベトナムのプラスチック椅子といえば赤のイメージ。 バナナの葉とこの赤椅子がフエのマスト。
テトの準備
テト色の黄色と2014年の干支である午を掘ったもの。 ベトナム人の旧正月に対する思い入れを感じます。
雰囲気のある窓
ベトナム・フエの日常
こういう洗濯物とかを見るとその場所の暮らしに入り込めた気がしてドキドキしてしまいます。
黄色いお家
不思議な形をしたお家。 なぜ広い土地が周りにある中で水上に家を建てたのか?気になるところ。
緑の葉っぱと格子の窓

微睡む町・ベトナムフエ微睡む町・ベトナムフエテトの飾りテトの飾りフエのマドフエのマドキッチュな雰囲気のフエキッチュな雰囲気のフエ中国風の蔵中国風の蔵ベトナム・フエのお家ベトナム・フエのお家ベトナムのお墓ベトナムのお墓フエの一般家庭フエの一般家庭日常風景日常風景南国の暮らし南国の暮らし懐かしさを感じるマド懐かしさを感じるマドフエの日常風景フエの日常風景バナナの葉と赤いプラスティック椅子バナナの葉と赤いプラスティック椅子テトの準備テトの準備雰囲気のある窓雰囲気のある窓ベトナム・フエの日常ベトナム・フエの日常黄色いお家黄色いお家緑の葉っぱと格子の窓緑の葉っぱと格子の窓